日本生命日比谷ビル(日生劇場)

hibiya249.jpg
日生劇場です。東京宝塚劇場の西隣にあり、西は日比谷公園、南には帝国ホテルがあります。

hibiya0246.jpg
設計は巨匠村野藤吾、昭和38年(1963年)完成です。

hibiya0256.jpg
当時73才にしてこのデザインはみごとです。

hibiya0260.jpg
外壁はみかげ石(万成石)貼り。はっきりいって金かかっています。

hibiya0261.jpg
この柱の磁石のような彫刻、日生の 「n」?

なお村野藤吾自身がこの建物について書いた文章『自由主義的な建築』が日生劇場ホームページに載っています。そこに設計の経緯や意図などが詳しく説明されています。

日生劇場ホームページ 劇場案内

<参考>
名称 日本生命日比谷ビル
所在地 東京都千代田区有楽町1-1-1
建物概要
敷地面積:3,753㎡
主要用途:劇場、事務所、駐車場
建築面積:3,549㎡
延床面積:42,878㎡
構造:鉄筋コンクリート造
階数:地上8階、地下5階、塔屋2階
竣工 昭和38年(1963年)9月
設計 村野藤吾

hibiya0266.jpg
そして北隣では三井不動産が日比谷再開発を見据えて、日比谷三井ビルを解体中です。
期間は平成24年10月までとすごくゆっくりです。敷地面積は7,878.92㎡あります。

hibiya0263.jpg
こちらは道を挟んで北側の三井不動産の三信ビルの跡地です。敷地面積は約2,700㎡です。2敷地合わせて約10,600㎡になります。2ブロックで道路の付け替え若しくは容積移転をするのか、或は更に周辺を巻き込んで大規模な再開発に至るのか、計画の詳細は不明です。

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

イタリア文化会館

italia0230.jpg
九段のイタリア文化会館です。一ヵ月前に撮影したもので桜が咲いています。

italia0235.jpg
つい最近までこの建物の存在を知らなかったのですが、イタリア文化会館だからイタリアの有名建築家のデザインだろうなと思って、今回アップするためにホームページをチェックすると、フランスのオルセー美術館を設計したガエ・アウレンティで、彼女がフランス人ではなくてイタリアの建築家と知って二度びっくりです。まあ単なる思い込みとものぐさなんですけどw

italia0240.jpg
地上12階建て、2005年に完成したということで、綺麗な建物です。
このド派手な色、ボーノ(意味不明)、さすがイタリア人です。

italia0244.jpg
桜とも合っています。

イタリア文化会館のホームページ

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

葛西臨海公園展望レストハウス・クリスタルビューView Point Visitors Center

ゴールデンウィーク前のネタです。
kasais0184.jpg
葛西臨海公園の展望レストハウス「クリスタルビュー」、設計は谷口吉生、完成は平成7年(1995年)です。

kasais0198.jpg
四周の外壁がガラスというコンセプトは展望施設としては言うことなしですが、こてこて好きにはスッキリ過ぎて物足りないかもしれません。

kasais0201.jpg
これ以降、日本人の美学にあっているのか?似たような建物が多くなりました。
安藤忠雄がコンクリート打放しの建物で注目されてから安藤流の打放しが増えたような感じです。

kasais0190.jpg
建築雑誌風に撮ってみました。

kasais0191.jpg
4月中旬でしたけど、いやー暑かった。冷房ないと天気のいい日は地獄ですわ、とても休んでなどいられまへん。

kasais0175.jpg
同じ葛西臨海公園の水族園も谷口吉生の設計ですが、水族園のとんがりコーンの建物の方が好きです。

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

住友不動産西新宿ビル(プラティーヌ西新宿)

s0096.jpg
下層階の2階から14階が賃貸住宅(プラティーヌ西新宿)、15階以上の高層階はオフィスになっています。
通常は眺めのいい高層階に住宅を設けて、下層階をオフィスにするというのが一般的かと思ってましたが、住友不動産の他の賃貸住宅の例を見ると必ずしもそうではないようです。

s0115.jpg
オフィスのエントランスです。

s0114.jpg
幅6mの南側区道沿いの低層部です。昔は狭い道路に面してこのように高い建物は建てられませんでしたが、建築基準法が改正されて可能になりました。奥の建物は改正前の法規により建物上層階が斜めに削れているのが分かります。もっとも、最近は地区ごとに建築可能な絶対高さを決める流れも出てきているようです。

0082.jpg
総合設計制度の看板です。ここで示されているように勝手に空地や住宅の用途を変更することはできません。

0081.jpg
賃貸住宅プラティーヌ西新宿のエントランスは北側区道にあります。

0083.jpg
敷地内にあるお稲荷さんです。

s0117.jpg
西側区道に面する公開空地です。

s0116.jpg
青梅街道に面する公開空地です。

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

代官山アドレス

dai0003.jpg
代官山アドレスです。集合住宅、商業店舗、渋谷区のスポーツ施設などからなる複合施設で、平成12年(2000年)の建築です。元々ここには同潤会の代官山アパートがありました。

dai0004.jpg
代官山駅への歩道橋から南側住宅棟を見る。

dai007.jpg
八幡通りからショッピングゾーンへの入り口です。

dai0008.jpg
ザ・タワーの見上げです。

dai0009.jpg
南側住宅棟の低層部はアドレスプロムナードという路面店舗になっています。

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

パレスサイドビル

tak0022.jpg
竹橋のパレスサイドビルです。設計は日建設計(林昌二)、昭和41年(1966年)の建築です。
東西全長約200mあるそうで、毎日新聞東京本社など多数のオフィス・店舗が入居する複合施設です。

tak0015.jpg
エントランスキャノピーです。

tak0010.jpg
日除けのルーバと雨どいに特徴があります。汚れそうってこまけえこたぁ(ry

kit0105.jpg
皇居からの眺めです。「皇居の松の緑、お濠という環境に調和し周辺の美観を引き立てる」が設計コンセプトの一つだということです。ここから見ると丸い筒が2本あるのが分かります。建物は左右非対称の平面になっています。

建物の詳細についてはパレスサイドビルのホームページに出ています。

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

国立代々木競技場

y0143.jpg
国立代々木競技場です。設計は丹下健三、1964年東京オリンピックの競技会場として建築されました。
こっちは原宿側の入り口です。

y0146.jpg
貝殻のような平面をしています。

y0156.jpg
第一体育館の吊り柱とメインワイヤーロープのアンカー部分です。主柱間に渡された2本のメインワイヤーロープで屋根を吊っています。吊り橋と同じ要領です。

y0166.jpg
屋根はやっぱり貝殻みたいです。

y0174.jpg
2本のマストで体育館の屋根を吊っているのが分かります。

y0183.jpg
うーんホタテ貝のようにも?

y0210.jpg
美しすぎて言葉は不要かな……。皇居以外で日の丸が似合う場所は他にないかもしれません。舗装工事中だったのが少し残念です。

y0218.jpg
渋谷側の入り口からの第一体育館の眺めです。

y0225.jpg
渋谷側からの競技場へのアプローチです。手前が第二体育館。

yk0219.jpg
第二体育館の屋根はこの1本の柱から吊っています。

y0180.jpg
第一体育館と第二体育館をつなぐデッキから見た第二体育館方向の眺めです。

なお現在第一体育館では世界バレー女子・日本大会第1次ラウンドが開催されています。


国立代々木競技場 第一体育館


TBS世界バレーホームページ

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

ジャスマック青山(旧アンビエンテ・インターナショナル)

ma0350.jpg
旧アンビエンテ・インターナショナル、1991年の建築です。今はジャスマック青山と名称を変え、結婚式場・撮影スタジオとして利用されています。設計はイタリアの巨匠アルド・ロッシです。アルド・ロッシが1997年に亡くなっていたのを今回初めて知りました。ところで彼の建物のスケッチにはほとんど人が描かれていません。とある講演会でその理由を尋ねられて「人はいらない」と答えたそうです。さすが合理主義建築の巨匠の面目躍如、必要でないものはいらない……野暮なことは聞くなということですねw

ma0353.jpg
正面入口を強調する円柱と三角形のぺディメントのデザインは、ちょっぴりでかいけれどシンプルです。

ma347.jpg
幾何学的な柱と窓が生み出すリズム、ロッシの建物の特徴です。人は不要ですね。

ma0354.jpg
色遣いがイタリアです。

ma0356.jpg ma0358.jpg
ディテールも実にシンプルです。

ジャスマック青山公式ホームページ

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

MIKIMOTO Ginza 2&デビアス銀座ビル

g0127.jpg
マロニエ通りの建物です。

g0128.jpg
1つは並木通りとの交差点にあるMIKIMOTO Ginza 2。外観は牛?うしはるか?いやピンクだからモー娘か。

g0141.jpg
設計は伊東豊雄さんです。ちなみにコンセプトは「真珠を育む貝から生まれる泡、舞い落ちる花びら、 宝石箱を覗きこみたくなるような期待感、神秘性」だそうです。

g0139.jpg
次はその1ブロック隣にあるデビアス銀座ビルです。設計は光井純さん。
建物がBent out of shape状態です。デジカメが酔っ払ったわけじゃあありません。

g0134.jpg
ほんとによじれています。

g0129.jpg
よじれた意味はと聞かれると………、そそれはですね……千鳥足かな?

g0131.jpg
ほらほら、足元周りに空地が生まれました。

MIKIMOTO Ginza 2については 公式ホームページ

人気ブログランキングへ

青山製図専門学校

0077.jpg
代官山と渋谷の中間に位置する渋谷区鶯谷町にある青山製図専門学校1号館です。渋谷なのになぜか青山。設計は渡辺誠さん。建築は1990年です。
ところで、設計者は自分のイメージ通りに設計したいと考えています。しかしそれを実現するのが難しいのも事実です。この建物のデザインは非常に挑戦的で見る人を挑発しているようにも感じます。
「畏れとともにひざまづけ!」
そんな声が聞こえてきませんか?

0079.jpg
歩行者が一度は建物を見上げます。
「だらしない建築は嫌いだ!」
イメージは昆虫なのでしょうか?
以前掃除しているところを見ましたが、思った通りロッククライミングとなっていました。

0076.jpg
エントランスです。

0078.jpg
エントランス上部を見上げると、こちらに「ケツ」を向けてます。

0075.jpg
まあちょっと離れると町並みに溶け込んでいると言えなくもないですね。

青山製図専門学校の公式ホームページはこちら

人気ブログランキングへ

お気に入り


「バタフライエフェクト」私立恵比寿中学

スポンサードリンク2

プロフィール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索