日比谷公会堂・市制会館

hibiya0011.jpg
日比谷公会堂・市制会館です。東京市市長後藤新平が安田財閥・安田善次郎から寄付を受けて建設したものだそうです。設計は佐藤功一、建築は昭和4年(1929年)です。

hibiya0013.jpg
外観はネオゴシック様式です。

hibiya0100.jpg
市制会館のメインエントランスです。1月に中を見学したときは、オフィスとして使用されていました。

hibiya0034.jpg

hibiya0094.jpg
日比谷公園内の東側入り口です。

hibiya0037.jpg

hibiya0096.jpg
日比谷公会堂の入り口です。
なお写真は3月と5月に撮影しています。3、5、7枚目が5月に撮影したものです。

<参考>
名称 日比谷公会堂・市制会館
所在地 千代田区日比谷公園1-3
建物概要
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
階数:地上6階 地下1階 塔屋4階
完成 昭和4年(1929年)
設計 佐藤功一

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

日比谷公園

昨年10月にフェリーチェガーデン日比谷を撮りに行って以来の日比谷公園です。前回はそこしか見なかったんですけど……初めて中も見て回りました。
hibi0183.jpg
大噴水です。虹ができるほど天気が良かったのですが……。

hibi0172.jpg
心字池です。公園と名前から洋風のものをイメージしていたので、このような和風の池があるとは意外でした。江戸時代の日比谷見附の石垣と濠の遺構を明治になって心字池として残したものだそうです。

hibi0192.jpg
でっかい木がありました。首賭けイチョウといういわくのある木のようです。後ろの建物は松本楼です。

hibi0204.jpg
今回の再訪の目的は日比谷公会堂だったんですが……でっかいビルの陰になっていて……orz
季節を変えてまた出直します。

日比谷公園のホームページ

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ

旧日比谷公園事務所

h0395.jpg
日比谷公園の日比谷濠に近いほうにある旧日比谷公園事務所です。
ドイツバンガロー風のデザインの木造2階建て、設計は福田重義氏です。明治43年(1910年)の建築ということですから今年でセンチュリー記念になります。

h0394.jpg
こういう建物はやはり緑が似合います。

h0391.jpg
ここら辺がバンガロー風なんでしょうか?詳しくは分かりません。

h0390.jpg
西洋の物語とかに登場する森の中の一軒家ようなイメージでしょうか。

h0393.jpg

H0397.jpg
建物は平成23年9月30日までワタベウェディングによりホール併設の結婚式場(フェリーチェガーデン 日比谷)として運営されており、丁度この日は結婚式ために貸切中で入れませんでした。
なお普段は来園者が自由に休憩できる無料休憩所兼展示室として利用できるとのことです。

東京都 プレスリリース (リンク切れ)
ワタベウェディングのフェリーチェガーデン日比谷のホームページ

blogram投票ボタン人気ブログランキングへ


お気に入り


BABYMETAL No Rain, No Rainbow

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索