医学部本館(2号館)

またまた東大ですw
todai0131.jpg
医学部本館(2号館)です。3階建て、完成は昭和11年(1936年)です。赤門から東に向かうと正面に見えてきます。

todai0132.jpg
こちらのポーチは同じ大きさの7連半円アーチで屋根もフラットです。

todai0283.jpg

todai0139.jpg
この建物が一番綺麗です。

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

慶応義塾大学 三田キャンパス

keio0212.jpg
慶応義塾大学の三田キャンパスです。写真の建物は今年の3月に完成したばかり、できたてのほかほか新南校舎です。鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造・免震構造)地上7階建て、設計は日建設計です。左の森は稲荷山です。

keio0158.jpg
三田キャンパスは三田山の高台にあります。昔来た時は特に高台にあるとか思わなかったんですが、人間の記憶って都合よく出来てます。ふー、随分登るのきつ……。しかし、三田の建物はよく穴が開いています。ここも風通しが良さそうです。さて穴をくぐった先にあるのは……

keio0151.jpg
図書館(新館)です。地上階7建て、設計は槇文彦、完成は昭和56年(1981年)です。奥に見えるのは塾監局です。

keio0156.jpg
大学院校舎です。これも設計は槇文彦、完成は昭和60年(1985年)です。

mita0111.jpg
塾監局です。鉄筋コンクリート造3階建て、完成は大正15年(1926年)です。

mita0154.jpg
第一校舎(旧慶応義塾大学学部校舎)です。完成は昭和12年(1937年)です。
塾監局、第一校舎ともに設計は曽禰中條建築事務所です。

keio0093.jpg
これも慶応義塾の建物、平成12年(2000年)に完成した東館です。昔来た時は確かにこの建物はなかったです。どこぞの宗教施設じゃあないですよ。しかし派手ですね。

keio0097.jpg
この建物も穴が開いています。アーケード入口上部のペンマークの下には、「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」を意味するラテン語「HOMO NEC VLLVS CVIQVAM PRAEPOSITVS NEC SVBDITVS CREATVR」が記されているということです。

keio0135.jpg
三田演説館です。福沢諭吉が明治8年(1875年)に建てたという日本最初の演説会堂で、木造2階建て、瓦葺きの洋風建築です。しかし、なまこ壁の印象が強く和洋折衷という感じですか。

keio0145.jpg
塾監局の北側にあったということですが、大正13年(1924年)に現在地(新南校舎西の稲荷山)に移築されたということです。

慶応義塾創立150年ホームページ 南校舎建て替え工事-計画概要-

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

慶応義塾図書館(旧館)

keio0115.jpg
国の重要文化財に指定されている慶応義塾図書館です。煉瓦造地上2階建て(一部3階)、設計は曽禰達蔵と中條精一郎。完成は明治45年です。曽禰達蔵はコンドルの弟子で三菱社に建築技師として入社後、コンドル設計の三菱一号館で現場監督を務めたといいます。三菱退社後に開設した曽禰中條建築事務所では、以前取り上げた明治屋ビルディング(明治屋京橋ビル)などを設計しています。

keio0099.jpg
ゴシック様式のデザインということです。内部は昔一度見学したことがありますが綺麗に改修されていました。

keio0122.jpg
妻飾りだと思って撮ったのですが、実は時計でした。文字盤の数字の部分にはTEMPUS FUGITと書かれてあってラテン語で「時は過ぎゆく」という意味だそうです。

keio0107.jpg
赤煉瓦が綺麗です。

keio0120.jpg
ゴシックには塔も必要ですね。

keio0123.jpg
玄関ポーチ上部の2階の窓にはゴシックらしく窓飾りがついています。

keio0126.jpg
窓飾りは慶応義塾のペンの徽章です。

慶応義塾大学ホームページ 慶應義塾の文化財

<参考資料>
INAX REPORT 167 曽禰達蔵

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

三田ベルジュビル その2

mita0219.jpg
三田ベルジュビルです。

mita0226.jpg
上層の住宅の建て方に取り掛かっています。

mita0224.jpg
組立て中の物はプレキャスト鉄筋コンクリート部材のようです。
もうちょっと建ち上がらないと分からないのですが、ホームページには中間に免振の鉄骨造がある構造なっているので、上層階はたぶん鉄筋コンクリート造なのでしょう。

mita234.jpg
低層部外装の取付も始まり、仮設足場も一部解体されています。

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

工学部1号館 法文1号館 法文2号館 工学部列品館

本郷キャンパスの見どころの内田ゴシックの建物群です。
todai0060.jpg
工学部1号館です。RC造4階建て、完成は昭和10年(1935年)です。

todai0055.jpg
3連の尖頭アーチのポーチです。アーチ部分の軒線は両脇より高くなっています。

todai0059.jpg
この建物が一番ゴシック的に見えます。実際のゴシックの建物見たことないんですけどね……orz

todai0074.jpg
工学部列品館です。RC造3階建て、完成は大正14年(1925年)です。

todai0076.jpg
5連アーチのポーチは柱の間隔の微妙な違いに応じてアーチの大きさも異なり、その軒線も階段状になっています。


todaio0088.jpg
正門から安田講堂へのアプローチです。法文1号館と2号館は、その軸線上に南北に向かい合って立っています。

todai0084.jpg
法文1号館です。RC造3階建て一部4階建て、完成は昭和10年(1935年)です。

todai0087.jpg
建物を貫通する3連の尖頭アーチのアーケードです。アーチ部分、両脇共に軒線は同じ高さになっています

todai0094.jpg
法文2号館です。RC造4階建て、完成は昭和13年(1938年)です。

todai0089.jpg
1号・2号館を南北に貫通する通路はアプローチの軸線と交差しています。

なおここで紹介したものは国の登録有形文化財です。

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

安田講堂 東京大学広報センター(旧医師会事務局) 東大本部棟 

hongo0150.jpg
本郷キャンパス龍岡門脇の東京大学広報センター(旧医師会事務局)です。
RC造2階建て、設計は岸田日出刀、完成は大正15年(1926年)です。

hongo0149.jpg
医学部付属病院の急病者受付所として建てられたということです。

hongo0148.jpg
円筒形のデザインなど、岸田日出刀は表現派、なかでもアインシュタインの塔で知られるメンデルスゾーンが好きだったようです。

hongo0154.jpg
そしてこちらはその北にある医学部附属病院南研究棟、設計は内田祥三と岸田日出刀、完成は大正14年(1925年)です。こちらも表現派の影響があるようです。

hongo0155.jpg
正面エントランスです。

そしてウッチーと岸田の共同設計といえば同じく大正14年(1925年)に完成した東大のシンボル安田講堂です。
todai0251.jpg
外観は岸田の案を採用したようで、ゴシックと表現派の共演(コラボレーション)です。内田ゴシックに見られる柱飾りが見られず無骨な感じがいいです。どうやら私もメンデルスゾーンが好きなようです。

hongo0147.jpg
こちらは東大の本部棟です。地上12階建て、設計は丹下健三、完成は昭和54年(1979年)です。巨匠丹下が東大の他の建築物に合わせたのか?外装にキャンパスの他の建物と同じ色あいのタイルを使用しているのは面白いです。

todai0159.jpg
七徳堂です。武道場として使用されています。設計は内田祥三、完成は昭和13年(1938年)です。東大ゴシック建築の総元締めの内田でも武道場は和風になるって、武道は神聖なものなんですね。

さて今週末、東大では五月祭が開かれます。天気が良ければ建物見物がてら出かけてみてはどうでしょう。

東京大学 第84回五月祭ホームページ (リンク切れ)

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

飯野ビルディング その2

iino0112e.jpg
飯野ビルディングです。これも撮影は5月15日、旬を逃さないうちにアップしておきます。


iino0114.jpg
一階足元廻りの工事中ですが、飯野ホールの内部の足場も残っているようです。


iino0120e.jpg
裏側もほぼ出来上がっています。


iino0122e.jpg
10日程経っているのでもう外周の仮囲いとれているかもしれません。


iino0125e.jpg
石の取付けの終わってない柱もありましたが、6月竣工予定通りいけそうですね。


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

環状第二号線新橋・虎ノ門地区再開発(環二・Ⅲ街区) その2

tra0190.jpg
環状第二号線新橋・虎ノ門地区再開発です。撮影は先週の5月15日、六本木周辺の再開発を撮ったのと同じ日です。現況、杭打ち・山留め及び地中障害物撤去工事の段階です。


tra0193e.jpg
さすがこれだけの大規模工事となると様々な重機が一杯入っています。
これは場所打ちコンクリート杭の掘削機のようです。


tra0197e.jpg
愛宕一丁目交差点側からの眺めです。


tra0201e.jpg
敷地西南角からの眺めです。


tra0202e.jpg
お知らせ看板が新しくなっていました。中間決算の発表資料の数字通り階数は52階で、高さの変更はなしです。


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

綱町三井倶楽部本館

mituic0189.jpg
綱町三井倶楽部本館、設計はジョサイア・コンドル、大正2年(1913年)の建築です。コンドルは三菱だけでなく三井の建物も設計してたんですか。売れっ子ですね。商売に如才なかったんですね。

mituic0194.jpg
三井グループの迎賓館として会員会社の接待、宴会、各種パーティやウエディングに利用されているということです。会員企業には三井の名前を冠する会社以外ではトヨタや東芝、東レや日本ユニシスなどが名連ねています。

mituic0205.jpg
近寄りがたいけど近寄っちゃいましたw

mituic0198.jpg
ルネサンス様式を基調とした宮殿様式ということです。

conder0067.jpg
ちなみにこれは本郷の東大構内にあるコンドルの銅像。意外とイケメンです。
ラーメン、イケメン、いつもコンドル……なんってw

綱町三井倶楽部本館のホームページ 綱町三井倶楽部の紹介
三井広報委員会ホームページ 三井の迎賓館・綱町三井倶楽部

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

日本電気本社ビル 

nec0066.jpg
日本電気本社ビルです。延床面積は144,476.05㎡、地上39階建て、最高高さ180m、設計は日建設計、平成2年(1990年)の完成です。
うーん一度見に来た覚えがありますが、そんなに昔だったかなあ?
ロケットのような三段構えの外観デザインが特徴的です。
なお43階建てという情報もありますが、現在の所有者の不動産投資信託の有価証券報告書の記載内容を採用しています。しかしこんなでかいビルの階数が違ってるとか?、改装でもしたのか事情がよく分かりません。昔持っていた雑誌は処分して手元にないので、後日機会があれば確認します。

nec0215.jpg
本社ビルを建てると業績不振に陥るジンクスがあるのか、NECも現在このビルを売却して賃借りしています。
これを書いているパソコンもNECなんですけどね。

nec0069.jpg
この低層部にはアトリウムがあります。

nec0086.jpg
エントランスです。

nec0237.jpg
低層部と中層部の間に風害対策のための穴が開いています。この風穴にはアトリウムに光を入れるという役割もあります。

mita084.jpg
穴といえば隣の中央三井信託銀行本店ビルも穴が開いています。

mita092.jpg
三田は風通しのいい会社が多いようですw

さあ風通しの悪い会社はアリアが風穴開けるわよ。バキューン!

イメージです。

トップリート投資法人のホームページ 日本電気本社ビル


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

お気に入り


BABYMETAL No Rain, No Rainbow

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索