FC2ブログ

武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業

12月24日の建設通信新聞に(仮称)虎ノ門二丁目計画の記事が出ていましたが、残念なことになんだかよく分からない白黒パースでした。12月26日のケンプラッツでは新たにカラーの完成イメージ・配置図や病院棟の概要が出ました。

ケンプラッツ ヒルズだけじゃない虎ノ門、病院・印刷局も再開発 


以前の記事(虎の門病院新築工事 虎ノ門二丁目地区市街地再開発事業)で予想した通りの


デブ ビルでしたw


さて武蔵小山駅前通り第一種市街地再開発事業です。都の都市計画審議会で再開発に伴う武蔵小山駅東地区の地区計画の変更が審議されて計画の詳細が明らかになりました。
musashikoyama0137e.jpg
写真の右側のビルが建ち並んでいる辺りに住戸数約410戸の高層タワーマンションが建設されます。なお高さの最高限度は約145mです。再開発事業のイメージパースを見た限りでは42層あるようです。
なお建設通信新聞によると、地上41階建てということです。
スケジュールは、2014年の本組合設立を予定、2016年着工、2018年の完成を目指すそうです。


musashikoyama1e.jpg
場所は東急目黒線武蔵小山駅の東側です。街区間の道路は付け替えられ、1つの敷地にまとめられます。
現在の北側の大きい街区に高層棟が建設されます。


musashikoyama0125e.jpg
駅側の街区です。こちら側には中層棟(8階?建て)が建設され、広場状空地(約280㎡)も整備されます。


musashikoyama0131e.jpg
駅側の道路は8mに拡幅され、敷地内には歩道上空地が整備されます。


musashikoyama0136e.jpg
北側の道路です。交差点から茶色のタイルのビルまでが事業区域です。


musashikoyama0126e.jpg
武蔵小山パルム駅前地区側からの眺めです。以前は入っていなかった右側のマンション(日神パレス武蔵小山第2)も再開発の施行区域に含まれています。


musashikoyama0130e.jpg
地区内の道路です。


musashikoyama0139e.jpg
地区内を東西に貫く道路です。道路は南側に迂回する形で付け替えられます。代わって歩行者通路が整備されます。


<関連記事>
武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業 (12/02/19)


<参考>
名称 武蔵小山駅前通り第一種市街地再開発事業
所在地  品川区小山三丁目
施行区域 約0.7ha
建物概要
敷地面積 : 約5,420㎡ 
主要用途 : 共同住宅(約410戸)、店舗、公益施設
建築面積 : 約3,280㎡
延床面積 : 約51,400㎡ (容積対象面積35,200㎡)
構造 : 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階数 : 地上41階、地下2階
高さの限度 : 約145m(塔屋を含む)
着工予定 平成28年(2016年)
完成予定 平成30年(2018年)
コンサルタント アール・アイ・エー 
事業協力者 五洋建設、清水建設


建設通信新聞 規模は延5.1万㎡/13年度内の都計決定目指す/武蔵小山駅前通り再開発準備組合 (リンク切れ)


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お気に入り


乃木坂46 裸足でSummer

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索