FC2ブログ

地上46階、高さ228.30mの渋谷駅地区駅街区開発計画☆2014年6月着工へ

shibuya1406026.jpg
ケンプラッツに6月着工することになったとの記事が出たので渋谷に行って来ました。

ケンプラッツ 6月に着工、渋谷駅の46階建て超高層


shibuya1406013.jpg
渋谷ヒカリエからの眺めです。


shibuya1406012.jpg


shibuya1406014.jpg
東棟は6月に予定通り着工することになりました。


shibuya1406011.jpg
地鎮祭をするならこのスペースなんでしょうねw


建築計画のお知らせ看板です。
shibuya1406030.jpg
予想通り変更されていますw
ゼネコンは東急建設と大成建設です。
ケンプラッツによると東棟は2019年7月末の完成を目指すそうです。
また疑問だった建築面積が敷地面積を上回理由について、「西口アーバンコア」が道路にはみ出ているからと、ケンプラッツさんがわざわざ回答してくれましたw


<過去記事>
2014年GWの渋谷駅再開発 (14/05/06)
地上46階建て、高さ230mの渋谷駅地区駅街区開発計画にお知らせ看板掲示☆2013年6月着工! (13/10/27)
都市再生特別地区 渋谷駅地区の概要 (13/08/08)
高さ約230m、約180m、約120mの3棟、総延床面積約446千㎡のビックプロジェクト 「渋谷駅地区駅街区開発計画」「渋谷駅地区道玄坂街区開発計画」「渋谷駅南街区プロジェクト(渋谷駅三丁目21地区)」が都市計画決定! (13/06/18)
高さ約230m、約180m、約120mの3棟、総延床面積約446千㎡のビックプロジェクトキタ━(゚∀゚)━! 「渋谷駅地区駅街区開発計画」「渋谷駅地区道玄坂再開発計画」「渋谷駅南街区プロジェクト(渋谷駅三丁目21地区)」の3つの都市計画提案を提出! (13/01/24)


<参考>
名称 渋谷駅地区駅街区開発計画
所在地 渋谷区渋谷二丁目23番地、24番地、渋谷区道玄坂一丁目1番地、渋谷区道玄坂二丁目1番地 他
建物概要
敷地面積 : 15,275.75㎡
主要用途 物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
建築面積 : 18,192.10㎡
延床面積 : 268,386.69㎡
構造 : 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 : 直接基礎、一部杭基礎
階数 : 地上46階、地下7階
高さ : 228.30m(最高高さ228.30m)
着工予定 平成26年(2014年)6月
完成予定 平成40年(2028年)3月
設計 渋谷駅周辺整備計画共同企業体(日建設計・東急設計コンサルタント・ジェイアール東日本建築設計事務所・メトロ開発) 
デザインアーキテクト 日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
事業主体 東急電鉄、JR東日本、東京地下鉄


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お気に入り


乃木坂46 裸足でSummer

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索