FC2ブログ

【五輪】選手村の事業協力者が「2020年Smart City グループ」に決定www

東京都が、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村及びレガシーについて都と共同して検討する事業協力者を募集したところ、1グループの民間事業者から応募があり、審査の結果、三井不動産レジデンシャルを代表会社とする「2020年Smart City グループ」に決定したと発表しました。


東京都プレスリリース 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会選手村及びレガシー検討に係る事業協力者が決定しました!


なんと1グループしか応募しないとかwww


しかも「2020年Smart City グループ」の代表会社の他のメンバーが、
エヌ・ティ・ティ都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井物産、三井不動産、三菱地所、三菱地所レジデンスと、大手デベロッパーの揃い踏み。


入っていないデベロッパーは大京、伊藤忠商事、丸紅‥‥etc
辞退したとか?
まあ中古は安く販売してくれればありがたいですねw


<過去記事>
【東京五輪】(仮称)晴海五丁目西地区開発計画[地上50階/最高高さ180m] (2015/01/24)
【ニュース】五輪選手村大会終了後に地上50階の超高層ツインタワー建設へ! (2014/12/20)
五輪選手村建設予定地☆晴海ふ頭 (2013/03/06)


<参考>
名称 (仮称)晴海五丁目西地区開発計画
所在地 中央区晴海五丁目地内
事業区域面積 約180,000㎡
建物概要
敷地面積 : 約133,900㎡
主要用途 : 住宅(約5,950戸)、商業等
建築面積 : 約47,400㎡
延床面積 : 約677,900㎡
階数 : 住宅棟(超高層タワー) 50階、住宅棟(板状) 14階~17階 、商業棟 4階
最高高さ : 約180m(180m以下)
工事予定期間 Ⅰ期 平成28年度~平成31年度 Ⅱ期 平成32年度~平成35年度
供用予定年度 平成36年度(最終供用分)
特定建築者(民間事業者) 未定
事業協力者 2020年Smart City グループ 


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お気に入り


乃木坂46 裸足でSummer

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索