FC2ブログ

【横浜市】(仮称)横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業[地上44階/高さ180m]

(仮称)横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業です。
当プロジェクトは東京圏国家戦略特別区域計画(素案)に盛り込まれていましたが詳細が不明でした。今回、「横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発準備組合」が横浜市に提出した環境アセスの計画段階配慮書が公開(縦覧期間平成27年7月3日から7月17日)されて計画内容が判明しました。


横浜市 (仮称)横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業に係る計画段階配慮書(※) 第一章 事業計画の概要 (PDF)←配置図・断面図が出ています。
※松田平田設計(代表)・UG都市建築・東急設計コンサルタント・総合コンサルタント共同企業体が作成。


位置図(横浜市資料)
turuyasite.jpg
計画地は横浜駅の西口の北側の鶴屋町一丁目です。JR東日本の「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」の新駅ビルの敷地からは首都高速神奈川1号横羽線を挟んだ北側で、同計画の鶴屋町棟の西隣りです。


建物は延床面積約80,000㎡、地上44階建て、高さ約180m(最高高さ約190m)です。容積率は基準容積率500%のところ、国家戦略住宅整備事業の認定を受けて830%になります。1~4階までが商業・サービスなどの複合施設、4階と7~13階は宿泊施設、5階と14~43階は住宅施設です。東側に整備するペデストリアンデッキは「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」で整備されるペデストリアンデッキと繫がります。
スケジュールは、平成27年中を目途に都市計画決定、建設工事は平成30年度(2018年度)~平成33年度(2021年度)、共用開始は平成34年(2022年)春の予定です。


yokohama1504250187.jpg
横浜そごうからの眺めです(2015年4月25日撮影)。写真の中央右奥にタクエーという文字が入ったブルーの看板が出ている建物の手前側の高い建物が建ってないところが計画地です。ガラス越しに撮っていますので縦に線が入っています。


<参考>
名称  (仮称)横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
所在地 横浜市神奈川区鶴屋町一丁目の一部
建物概要
敷地面積 : 約6,650㎡
主要用途 : 住宅施設、複合施設(商業・サービス)、宿泊施設
建築面積 : 約4,980㎡
延床面積 : 約80,000㎡(容積対象床面積約55,000㎡)
階数 : 地上44階、地下2階、塔屋2階
高さ : 約180m(最高高さ約190m)
工事予定期間 平成30年度(2018年度)~平成33年度(2021年度)
共用予定時期 平成34年(2022年)春


横浜市資料 横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発事業について (PDF)


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お気に入り


乃木坂46 裸足でSummer

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索