コープオリンピアアネックスが再開発へ!☆神宮前六丁目地区市街地再開発

コープオリンピアアネックスが再開発されることになりました。
建設通信新聞によると「コープオリンピアアネックス」の周辺で「神宮前六丁目地区市街地再開発準備組合」が発足したということです。再開発の施設や地区の範囲は未定だそうです。準備組合の事務局は東急不動産です。


準備組合が発足/事務局は東急不/神宮前六丁目再開発


東急不動産は2013年9月に「コープオリンピアアネックス」(渋谷区神宮前6-31-21)を取得しています。これを単独で建替えても延床面積5千㎡を上回る規模の建物にはなりません。当時の日経不動産マーケット情報の記事では「将来の再開発を視野に入れて入るが計画は未定」ということだったので、南隣りの渋谷区の神宮前隠田区民会館と一緒に建替えるつもりぐらいに考えていました。びっくりぽんw


日経不動産マーケット情報 【売買】原宿のコープオリンピアアネックスを取得、東急不動産 (2013年10月18日)


神宮前6丁目の法定容積率は道路沿いは商業で500%、奥は第2種中高層住居専用地域で300%です。表参道地区計画、神宮前5・6丁目地区計画が定められていて、建築物の高さの最高限度は、表参道沿いは30m、明治通り沿いは60mです。コープオリンピアの敷地はほぼ30mの高さ制限の範囲なのでこのままでは高い建物は建ちません。再開発(法定再開発)なら容積率のボーナスと地区計画の高さ制限の突破も可能です。これで100mクラス?の規模の建物も期待できるどすぇw


coopolinpiaannex0063.jpg
明治通りから見た「コープオリンピアアネックス」です。気にはなっていたので、先週「神宮前計画」を見に行った時に撮影しました。右側が神宮前交差点です。交差点の東急プラザ表参道原宿の対面に位置しています。最寄駅はJR山手線原宿駅、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」です。
上のフロアーのテナントは退去しているようでした。1階はラコステなど店舗が営業しています。
左上にピンク色の建物の一部が少し見えているのが神宮前隠田区民会館です。


ところで「コープオリンピアアネックス」の敷地は表参道に面していますが、明治通り側は面していません。明治通りとの間には一皮、細長い区画(渋谷区神宮前6-30街区)があります。6-30街区の明治通り(環状5の1号線)沿いは都市計画道路用地で新しく出来た建物は道路から後退していますが、写真右の交差点側に1軒の古い建物が残っています。この明治通り側の街区と一体化して再開発するケースも考えられます。


qplazaharajuku0062.jpg
明治通りの「the icebergビル」前からです。こちらは春にオープンした東急不動産の「キューブラザ原宿」です。「コープオリンピアアネックス」から渋谷方向に少し戻ったところです。


<関連記事>   
【表参道】キューブラザ原宿 (2015/03/07)
東急プラザ 表参道原宿 TOKYU PLAZA OMOTESANDO HARAJUKU☆ 竣工 (2012/04/17)
the iceberg (2011/10/17)


<参考>
名称 神宮前六丁目地区市街地再開発
所在地 渋谷区神宮前六丁目地内
事務局 東急不動産


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お気に入り


BABYMETAL No Rain, No Rainbow

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索