【ニュース】横浜市市庁舎移転新築工事は竹中・西松建設JVで2017年夏頃着工へ

つい先日、米倉涼子版「家政婦は見た!」を見ていたら横浜市の相鉄ジョイナスの屋上(ジョイナスの森)がロケに使われていました。いつも座って「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」の現場を眺めていたベンチに米倉涼子様がお座りになられていました(*´Д`*)ハアハア


さて、横浜市から横浜市市庁舎移転新築工事の落札者が竹中工務店と西松建設のJVに決定したと発表がありました。契約金額は679億3千2百万円(税込)で、規模は延床面積140,700㎡、地上31階建て、高さ約152mです。スケジュールは従来通りで、着工は2017年夏頃を予定しています。


横浜市記者発表 「横浜市市庁舎移転新築工事」の落札者が決定しました。(平成27年12月4日)


完成イメージ(横浜市発表)
yokohama-city-hall.jpg
桜木町駅側からです。


完成イメージ(横浜市発表)
yokohama-city-hall1.jpg
ランドマークタワー(みなとみらい21)側の低層部です。


landmarktower1510240127.jpg
ランドマークタワーからです(2015年10月24日撮影)。中央の横浜アイランドタワーとその右側の大岡川との間の台形の場所が敷地です。


<関連記事>
ランドマークタワーから見た北仲通北地区、横浜市新庁舎 2015年10月の状況 (2015/10/26)
高さ約150mの横浜市新市庁舎整備基本計画案がまとまる☆2020年1月完成予定! (2014/2/11)
横浜市新市庁舎整備 北仲通南地区で地上31階建て、高さ約140mの高層タワーを建設! (2013/10/05)


<参考>
名称 横浜市市庁舎移転新築工事
所在地 横浜市中区本町6丁目50番地の10
建物概要
敷地面積 : 約13,486㎡
主要用途 : 庁舎、店舗
延床面積 : 約140,700㎡
構造 : 鉄骨造(柱;コンクリート充填鋼管)、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、中間免震構造+制震構造
階数 : 地上31階、地下2階、塔屋2階
高さ : 約152m
着工予定 2017年夏頃
完成予定 2020年1月
設計・施工 竹中・西松建設共同企業体
設計・建設費 約679億円 (低層部内装工事費約30億円は別途)


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お気に入り


BABYMETAL No Rain, No Rainbow

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索