2016年9月の赤坂一丁目地区市街地再開発の工事状況

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業です。
akasaka16090540.jpg
六本木通りからです。


akasaka16090541.jpg
アップです。32階まで到達しています。


akasaka16090539.jpg


akasaka16090538.jpg
広場部分の低層の建物の鉄骨が見えます。


akasaka16090536.jpg
虎ノ門側からです。


akasaka16090537.jpg
アップです。33~34階の鉄骨組み立てに入っています。


akasaka16090535.jpg
外堀通りからです。


akasaka16090543.jpg
アップです。


<過去記事>
ようやくタワークレーンが登場した赤坂一丁目地区市街地再開発 (15/12/28)
【溜池】真夏の赤坂一丁目地区市街地再開発[地上38階/高さ205.08m] (15/08/16)
【溜池】赤坂一丁目地区市街地再開発[地上38階/高さ205.08m] (15/06/03)
【溜池】赤坂一丁目地区市街地再開発[地上37階/高さ200.58m] (15/02/24)
着工した赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業 (14/10/14)
地上37階建て、高さ200.58mの赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業☆2014年7月着工! (13/10/20)
赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業 (13/09/28)
地上35階建て、高さ約202mの赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業 (01/08)
赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業 (04/05)


<参考>
名称 赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在 港区赤坂一丁目5番の一部、6番、8番、9番の一部
区域面積 約2.5ha
建物概要
敷地面積 : 16,088.32㎡
主要用途 : 事務所、共同住宅、集会施設、店舗
建築面積 : 7,130.00㎡
延床面積 : 178,328.01㎡
構造 : 鉄骨造(CFT柱)、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造 ハイブリッド制震装置
杭・基礎 : 杭併用べた基礎
階数 : 地上38階、地下3階、塔屋1階
高さ : 205.08m
完成予定 平成29年(2017年)8月
設計監理 日本設計
施工 大林組
事業協力者・参加組合員 新日鉄興和不動産
施行者 赤坂一丁目地区市街地再開発組合
特定業務代行者 大林組・日本設計JV
事業費 約806億円 


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お気に入り


「バタフライエフェクト」私立恵比寿中学

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索