【画像あり】(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画☆建築計画のお知らせ情報

森ビルの「(仮称)愛宕山周辺地区 (I地区)新築計画」です。森ビルが推進する国際新都心「虎ノ門ヒルズ」 を構成する4棟うちの1棟、高さ約215mの超高層マンションで「(仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」と呼ばれています。
atago16090813.jpg
虎ノ門ヒルズからです。


atago16090811.jpg
敷地は虎ノ門ヒルズの南側の愛宕山に隣接しています。


atago16090814.jpg
西側の道路です。東京タワーからも近いです。


建築計画のお知らせ看板です。
atago16090812.jpg
延床面積121,000㎡、地上54階、高さ215.25m(最高高さ221.55m)です。
てことは、大阪中央区の「ザ・キタハマ」の高さ約209mを抜いて、たぶんタワーマンションでは日本一?の高さです。
竹中工務店の設計施工です。着工は平成29年(2017年)2月、竣工は平成32年(2020年)4月の予定です。半年強遅れです。


<過去記事>
虎ノ門ヒルズエリアに(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー、ビジネスタワー、レジデンシャルタワーの3棟を建設! (16/04/14)
【愛宕】高さ日本一の超高層タワーマンション建設へ!☆愛宕地区(I地区)[地上56階/高さの最高限度約220m] (15/04/12)
高さ180mと160mの高層ビルなどを建設!(仮称)愛宕山周辺地区開発事業(I地区、F・G地区) (14/08/21)


<参考>
名称 (仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画 ((仮称)虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー)
所在地  港区愛宕一丁目2番6外
地区面積 約0.7ha
建築概要
敷地面積 : 6,535.76㎡  
主要用途 : 共同住宅、店舗、子育て支援施設
建築面積 : 4,000㎡
延床面積 : 121,000㎡
構造 : 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 : 直接基礎、場所打ちコンクリート杭
階数 : 地上54階、地下4階、塔屋1階
高さ : 215.25m(最高高さ221.55m) 
着工予定 平成29年(2017年)2月
完成予定 平成32年(2020年)4月
設計 竹中工務店一級建築士事務所
外観デザイン クリストフ・インゲンホーフェン(インゲンホーフェン・アーキテクツ
施工 竹中工務店
建築主 森ビル


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お気に入り


「バタフライエフェクト」私立恵比寿中学

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索