八重洲二丁目中地区(都市再生特別地区)の概要が判明!

お待たせしした、ようやく国家戦略特区案件が出てまいりましたw
東京都の都市再生分科会が開かれ三井不動産と鹿島建設、ヒューリックによる八重洲二丁目中地区(都市再生特別地区)の概要が判明しました。まあ判明したといっても業界紙が夏前に伝えていたところから大きく変わるところはありませんw
興味のある方は以下の資料に詳細に出ていますのでご覧ください。


内閣府資料 都市再生特別地区(八重洲二丁目中地区)都市計画(素案)の概要 (PDF)


完成イメージ(内閣府資料)
yaesu2chome-m-pers.jpg
なんかなあ、なんかなあw
建物は1棟で延床面積約418,000㎡、地上46階建て、最高高さ約240mです。 メインの用途はオフィスです。その他、インターナショナルスクール(約7,000㎡)やサービスアパートメント等(上層部、約13,000㎡)、バスターミナル(地下2階、約5,000㎡)が整備されます。着工は平成32年度(2020年度) 、完成は平成35年度(2023年度)の予定です。


yaesu1606120991.jpg
東急プラザ銀座ビルからです(2016年6月12日撮影)。外堀通り側は手前の交差点からみずほの看板が出ているビルまでです。


<過去記事>
八重洲二丁目中地区市街地再開発は地上45階建て、高さ約240m 、(仮称)OH-1計画が着工、原宿駅が建替えへ! (2016/06/09)


<参考>
名称 八重洲中地区第一種市街地再開発事業(都市再生特別地区 八重洲二丁目中地区)
所在地 中央区八重洲二丁目4番、5番、6番、7番
区域面積 約2.2ha
建物概要
敷地面積 : 約19,500㎡
主要用途 : 事務所、店舗、居住・滞在施設 (サービスアパートメント等)、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場
建築面積 : 約15,700㎡
延床面積 : 約418,000㎡ (容積対象延床面積 約325,650㎡ 容積率1670%)
階数 : 地上46階、地下4階
高さ : 最高高さ約240m
着工予定 平成32年度(2020年度)
完成予定 平成35年度(2023年度)
事業手法 第一種市街地再開発事業
都市計画 日本橋・東京駅前地区地区計画


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お気に入り


「バタフライエフェクト」私立恵比寿中学

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索