FC2ブログ

青淵文庫 晩香蘆 (旧渋沢家飛鳥山邸)

飛鳥山には近代日本の大実業家渋沢栄一の邸宅がありましたが、空襲で本館など殆どが焼失しました。現在、旧邸内に残った大正期の2つの建物「青淵文庫」と「晩香廬」が公開されています。
seien0021.jpg
渋沢栄一(号・青淵)の80才と子爵昇進祝いに建てられたという青淵文庫です。

seien0025.jpg
撮影したのは五月でつつじが写っています。

seien0027.jpg
テラスに面した中央開口部です。

seien0030.jpg
渋沢家の家紋「丸に違い柏」にちなんで柏の葉をデザインしたタイルとステンドグラスが綺麗です。

banko0045.jpg
渋沢栄一の喜寿を祝って建てられたという晩香蘆(Bankoro)です。名前は英語でいう山小屋のバンガロー(bungalow)の音に当てはめ、自作の詩「菊花晩節香」からとったようです。第一国立銀行の設立にも関与し頭取を務めたことから銀行(Bank)にもかけていると思います。

<参考>
名称 青淵文庫
所在地 東京都北区西ヶ原2-16-1(飛鳥山公園内)
建物概要
延床面積:約330㎡
構造:鉄筋コンクリート造・煉瓦造
階数:地上2階
完成 大正14年(1925年)
設計 中村田辺建築事務所・田辺淳吉

<参考>
名称 晩香蘆
所在地 同
建物概要
延床面積:約72㎡
構造:木造瓦葺き
階数:平屋
完成 大正6年(1917年)
設計 田辺淳吉(清水組技師長)

渋沢栄一記念財団ホームページ 渋沢資料館施設概要

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



お気に入り


乃木坂46 裸足でSummer

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索