FC2ブログ

組合設立が認可された春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

3月15日に組合設立が東京都から認可された春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業です。
korakuen261e.jpg
場所は都営地下鉄春日駅の真上、東京メトロ後楽園駅からも北に歩いてすぐの春日通りを挟んで文京シビックセンターの向かい側です。地区面積は約2.4haで、南は春日通り、東は白山通り、西は千川通りに面しています。写真は春日町の交差点からで、右が白山通り、左が春日通りです。春日通りの地下には都営地下鉄大江戸線の春日駅が、白山通りの地下には都営地下鉄三田線の春日駅があります。


位置図(東京都資料)
korakuen1e.jpg
地区は南、北、西の3街区に分かれています。街区を南北に貫く広場空間「グリーンバレー」が整備されます。


文京シビックセンターからの地区の眺めです。昨年の秋に撮っておいた写真です。
korakuen246e.jpg
計画されている建物は3棟で総延床面積は約18万㎡弱、用途は住宅やオフィス、店舗などです。
住友不動産後楽園ビルの東側(右隣)が北街区です。北街区の建物は延床面積約81,570㎡、地上40階建て、高さ約141mです。


korakuen243e.jpg
南街区側です。白山通りに面した既存のいくつかのビルは再開発事業には参加していません。南街区の建物は延床面積約94,930㎡、地上22階建て、高さ約105mです。シビックセンターの展望に少し配慮したのかもしれませんw
着工予定は平成26年(2014年)5月、竣工は平成30年(2018年)7月の予定です。


完成予想図(組合説明会資料に加筆)
korakuenperse.jpg


<参考>
事業概要
名称 春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地 文京区小石川一丁目地内
地区面積 約2.4ha
建物概要
総延床面積: 179,800㎡
延床面積、階数、高さ:
(南街区) 約94,930㎡、地上22階 地下3階、高さ約105m
(北街区) 約81,570㎡、地上40階 地下2階、高さ約141m
(西街区) 約3,300㎡、地上13階 地下1階、高さ約50m
主要用途: 住宅(3街区合計約740戸)、事務所、店舗
構造: 鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
着工 平成26年(2014年)5月予定
竣工 平成30年(2018年)7月予定
コンサルタント 日本設計
参加組合員(予定) 三井不動産、三菱地所、新日鉄都市開発
事業協力者 清水建設、大成建設
総事業費 約755億円


東京都プレスリリース 春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合の設立認可について
組合ホームページ 文京区 春日・後楽園駅前地区市街地再開発
同 春日・後楽園駅前地区市街地再開発事業 ~文京区の未来に貢献するまちづくりを目指して~ <説明会資料> (リンク切れ)


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お気に入り


乃木坂46 裸足でSummer

スポンサードリンク2

プロフィール

スケール

Author:スケール
Tokyoの風景などを紹介します。

リンク

私のブログはちょっぴりコールド☆
あなたのハートを完全ホールド♡
bluerose2.jpg

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

カテゴリ

スポンサードリンク

ブログランキング

bluerose1.jpg

↓あら押してくれるのね。ありがとう☆
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

blogram

カウンター

密林2

QRコード

QR

検索

カスタム検索